FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「溶接をしています。」と言うと
「いいですね、なんでも作れますよね。」
と言われることがあります。

あまり考えることないのですが、
確かに金属製のものであれば、
かなりの物は作れますね。

切ったり、曲げたり、叩いたり、もちろんくっ付けたりと、
ほとんどはカバーできます。
実用的な物から、非実用的な物まで
幅広く作れます。
センスは別問題になるのですが・・・。

でも、普段、事業として溶接に係わっていると
日曜大工的な意味での溶接はほとんどしません。

考えると勿体ないかな?
でも、休みのときはトーチを握りたくないとの
思いは本心です、残念ながら・・・。

商売としては図面があって
そのとおりに作らないと怒られちゃいます。
それは、当り前でして
相手の意図するもの以外はダメですよね。
プロとしてプラスαを提供することが、
求められているのが普段の姿。

でも、自由に気ままに何かを
漠然と作るのってどうなの?って
考えることが、しばしばと・・・。

溶接の楽しさや奥深さを
一般の方々に解ってもらいたいと
常日頃思っているのですが・・・。

一人の溶接人として
そろそろ溶接に恩返しする時期かもしれません。

「溶接」

これで「飯」食っていますので、
感謝しないといけませんよね。

いま一度、自分のキャリアを
考えること大切ですね。

私が誇れるものに感謝しなくては。

これから、溶接に対して恩返しの旅に出ようと思います。

では、出発~ッ。


コメントの投稿

非公開コメント

橋本工業所サイト
プロフィール

橋本 昌明

Author:橋本 昌明
埼玉県草加市で
溶接加工業を営んでいます。

リンク
最新記事
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。